☆おたからや群馬県前橋店のドタバタ買取日記(ブログ)☆

切手・古銭・記念メダル・ブランド品・時計・ロレックス・金銀プラチナなど誠実な査定であなたのお宝を高くお買取させて頂きます。群馬県公安委員会 第421010902900号

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フィット・ハイブリッド登場で究極のコストバリュー車決定戦!!

今回のブログは個人的に今興味があることを書かせて頂きます♪

フィット・ハイブリッドがついに発売されました。

うちの嫁のクルマがフィットなんですが、昨年のエコカー減税スタートと同時に購入したので減税分+補助金+値引きでかなりお得に購入出来たんです。

そして1年半が経ち、このクルマの使いやすさ・燃費の良さにかなり満足しております。

しかし時代はハイブリッド。

ハイブリッドカーの一番の“売り”は燃費の良さだと思います。

ただ、人気のプリウスやインサイトなどは乗り出し価格で200万~250万はしますし、たとえ乗り潰す(年間平均走行距離1万キロで車検4回=11年)としても車両価格+ガソリン代で比較すると同クラスの普通ガソリン車(カローラ・フィットなど)よりトータルコストは高かったのです。

ハイブリッドという“流行”と国の補助金効果で売れていたと言っても過言ではありません。

しかし、このクルマの登場でいよいよハイブリッドがトータルコストでも安くなる可能性が出てきました。


以下各種ライバル車との比較

※全ての車種の見積もりにバイザー・マット・3万程度のオーディオ・ETCを付加しております。
※ガソリン代は130円/Lで計算しております。
※比較対象は各ブランドの1番の売れ筋グレードです。


●トヨタ・カローラアクシオX
axio.jpg



車両本体 1,440,000円(乗り出し価格 167万円)

実燃費 14.6km/L (※参考サイトhttp://kuru-ma.com/toyota/corollaaxio.html

ガソリン代 979,450円/11年分

自動車税 362,250円/11年分

車検 約400,000円/4回分(補修部品代・タイヤ交換費用は除く)

11年間のトータルコスト=341万円

●ホンダ・インサイトG
insight.jpg



車両本体 1,890,000円(乗り出し価格 210万円)

実燃費 19.8km/L (※参考サイトhttp://kuru-ma.com/honda/insight.html

ガソリン代 722,222円/11年分

自動車税 362,250円/11年分

車検 約400,000円/4回分(補修部品代・タイヤ交換費用は除く)

11年間のトータルコスト=358万円

●トヨタ・プリウスL
prius.jpg



車両本体 2,050,000円(乗り出し価格 226万円)

実燃費 23.4km/L (※参考サイトhttp://kuru-ma.com/toyota/prius.html

ガソリン代 611.111円/11年分

自動車税 414,750円/11年分

車検 約480,000円/4回分(補修部品代・タイヤ交換費用は除く)

11年間のトータルコスト=377万円

●ホンダ・フィットHV
FIT20hybrid.jpg



車両本体 1,590,000円(乗り出し価格 179万円)

実燃費 19.8km/L (※参考サイトhttp://kuru-ma.com/honda/insight.html 未計測なのでインサイトと同じと仮定)

ガソリン代 722,222円/11年分

自動車税 362,250円/11年分

車検 約400,000円/4回分(補修部品代・タイヤ交換費用は除く)

11年間のトータルコスト=327万円


●ホンダ・フィット G Fパッケージ
fit.jpg



車両本体 1,290,000円(乗り出し価格 150万円)

実燃費 15.83km/L (※参考サイトhttp://kuru-ma.com/honda/fit.html

ガソリン代 903,348円/11年分

自動車税 362,250円/11年分

車検 約400,000円/4回分(補修部品代・タイヤ交換費用は除く)

11年間のトータルコスト=316万円


以上のシミュレーションの結果

フィットG > フィットHV > カローラアクシオX > インサイトG > プリウスL

という結果になりました。

素のフィットには負けましたがフィットHVのパフォーマンスには魅力を感じますね。

ちなみにフィットGよりフィットHVのほうが装備内容は良いですからそれを加味すれば互角と考えて良いでしょう。

フィットHVとプリウスLとの差は50万円ですので結構な差額ですよね。

(それ以上にカローラのコストパフォーマンスの高さには驚きました!さすがトヨタ)


これら4種の車格は微妙に違いますし、比較対象としては不釣り合いなのかもしれませんが、トータルコストの考えを取り入れて、クルマ選びをするのも1つの知恵だと思います。



で、



こんなことを書いている私ですが…。

うちの2台目(私の車)は物凄くコストパフォーマンスが低いドイツ製M社”です(爆)

(スミマセン、クルマが趣味なので…)

自分で講釈たれながら、反省し、次の乗り換えの参考にさせて頂きます。。。


↓↓↓↓↓(番外編)

≫ Read More

関連記事

| ノウハウ | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |