☆おたからや群馬県前橋店のドタバタ買取日記(ブログ)☆

切手・古銭・記念メダル・ブランド品・時計・ロレックス・金銀プラチナなど誠実な査定であなたのお宝を高くお買取させて頂きます。群馬県公安委員会 第421010902900号

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブランド品を高く買い取ってもらう方法3

★ルイ・ヴィトン・シャネル・エルメスの高値買取★


今日の前橋市はむちゃくちゃ寒くて心も冷えている、おたからや前橋店長です。

3連休明けで小雨が降るとお客様も早くご帰宅されたいのでしょう。

今日は暇でした(涙)

そんな傷心を癒やす?お話をさせて頂きます。

ブランド品について。

1、シャネル(CHANEL)

ヴィトン・エルメスと並ぶ、ブランド界の3大ブランドの1つです。

全世界中で人気があり、日本人にも当然親しまれているブランドです。

特に、関西では抜群の人気を誇ります!!

理由は少し派手な服装(関西人の特徴)にしっくりと似合い、しかも品が良く見えるのです。

関東ではイマイチですが、関西ではヴィトンをも凌ぐ人気かもしれませんね。

さて、そんなシャネルのバッグ・小物について。

まず、定番品のマトラッセ・カンボンライン・キャビアスキンがお勧めです。

シャネルは私も知らないほど種類が多く、たまに「こんなの誰が持つんだろう?」

と思うくらい変わったアイテムもあります。

ただ、使った後に高く売るつもりならば「定番ライン」です。

売る(査定)の際にご注意して欲しいことは。

ギャランティーカードは必ずお持ち下さい。

無いものは原則買取出来ません!

出来れば、買った当時の箱、保護袋があれば完璧ですが、無くても大丈夫です。



2、エルメス(HERMES)

3大ブランドの頂点、他のブランドも認めざるを得ないほど“別格”のブランドです。

私もひとつ手に入れたいのですが、とても買えません(爆)

それほどまでに雲の上の存在的なスーパーブランド=エルメス。

自動車で例えれば、ベントレーorフェラーリでしょうか(すみません、車好きなもので)

おたからや前橋店でも現在、スカーフを1枚だけ買取させて頂きました。

やはり品が全然違いますぅ♪

さて、そんなエルメスの革小物ですが。

やはり数多くのシリーズがありますが、どのシリーズでも人気がございます。

特に有名な「ケリーバッグ」「オータクロア」「バーキン」はバッグの定番です。

特にケリーとバーキンは日本人には超人気で、新品でさえ容易に手に入れることが困難です。

当然、買取り価格も超高値でお引き取り致します。

その他にエルメスとしてはリーズナブルなエールライン・フールトゥ(布製)、エブリンなども人気があります。

その他、スカーフや財布、時計、革小物、靴などなど。

人気が無い商品はありません!!

只、エルメスの革製品はとってもデリケートですので、買取り価格も状態次第で変わりますのでご理解ください。

エルメスの一番の特徴は値段が法外に高いこと。

しかしその値段に見合った抜群の品質が保たれております!!

ですから、例えばケリーバッグの偽物が持ち込まれても、直ぐ見分けが付きます。

なぜならば、本物と同じクオリティと手間で偽物を作ったらそんな安くに作れないからなのです。

エルメスがなぜ高いクオリティが保っているのか?

それは基本的にはすべて工房職人の手作業により、1針、1針丁寧に縫いこまれており、全ての商品に職人の誇りが吹きこまれているのです。

まさにマイスター(プロ職人の技)なのです。

まあエルメス賛辞はキリが無いのでこの辺で終わります(^^;

もし、このブログを見て、エルメスを買取してもらいたいと思ったお客様。

買取に相応のお金が必要なので、来客される前に1本お電話ください。

銀行からお金を下ろして、準備しておきます(^^;

↓↓ブログランキング参加中です。役に立つ記事が沢山ありますのでご覧ください↓↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 前橋情報へにほんブログ村
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
高価買取
切手・ハガキ・テレフォンカード
オレンジカード・商品券・旅行券
勲章・古銭・ブランド品・腕時計
貴金属・金銀プラチナ・などなど

おたからや前橋店(敷島公園近く)

前橋市川原町1-21-2
電話:027-289-4291

http://maebashi.otakaraya.net/

営業時間  10:00~18:00
年中無休(年末年始・夏季休暇除く)
群馬県前橋市・高崎市・渋川市・伊勢崎市
北群馬郡吉岡町・榛東村・沼田市・利根郡
吾妻郡・北橘町・玉村町・藤岡市・太田市
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
関連記事

| ブランド品 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

https://otakara3.blog.fc2.com/tb.php/13-b478939e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT